まとめ

犬猫の血液検査 TG(トリグリセリド)

犬猫 トリグリセリド

TG(中性脂肪)が高く、〝高脂血症〟と診断されました。
メタボ?

たしかに肥満や運動不足が高脂血症を引き起こすがあります。
ただし、犬猫では遺伝や体質、その他の病気によって引き起こされる高脂血症も多くあります。

犬と猫のTG(トリグリセリド)とは?

血液中の脂肪の1種で『中性脂肪』とも言います。
食事から摂取される脂肪の大部分はTG(トリグリセリド)です。

TGはエネルギー源となったり、体温を保ったりする働きがあります。

人ではこの数値が高いことはメタボリックシンドロームであるかの基準の1つとされています。

犬と猫のTG(トリグリセリド)の正常値は?

  • 犬:<150mg/dl
  • 猫:<60mg/dl

血液検査の機械によって若干の数値のばらつきがあります。

犬と猫のTG(トリグリセリド)が高くなる場合は?

  • 原発性/特発性高脂血症
    👉猫の家族性高カイロミクロン血症
    👉ミニチュア・シュナウザーの特発性高カイロミクロン血症
    👉特発性高トリグリセリド血症
    👉リポ蛋白リパーゼ欠乏症(猫)
    👉子猫の一過性高脂血症および貧血(猫)
  • 二次性高脂血症
    👉急性膵炎
    👉胆汁うっ滞
    👉糖尿病
    👉肝機能不全
    👉副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
    👉甲状腺機能低下症(犬)
    👉ネフローゼ症候群
  • 薬剤
    👉グルココルチコイド(ステロイド)
  • アーチファクト(検査上のエラー)
    👉高ビリルビン血症
  • 食後

食後ではTGが高くなります。
TGの評価が必要な時には、12時間絶食してもらって血液検査を行います。

犬と猫のTG(トリグリセリド)が低くなる場合は?

  • 甲状腺機能亢進症(猫)
  • 蛋白漏出性腸症
  • 薬剤
    👉アスコルビン酸
  1. Alex Gough Differential Diagnosis In Small Animal Medicine
  2. CAP セミナーシリーズ
    勤務獣医師のための臨床テクニック