まとめ

犬猫の血液検査 GGT(γグルタミントランスフェラーゼ)

うちのこ(犬)、血液検査でGGTの数値が高いといわれました。
肝臓が悪いかもと言ってたような・・・

ざっくり言うと、GGTは肝臓の数値です。
ただし、その他にもGGTの数値に影響してくる病気や体の状態があります。

GGTの正常値は?

  • 犬:<10mg/dl
  • 猫:<10mg/dl

動物病院の血液検査の機械によって、若干の数値の変動はあります

GGTが上がる場合は?

肝臓の病気の場合

  • 胆管肝炎
  • 慢性肝炎
  • 肝硬変
  • 伝染性腹膜炎(猫)
  • 肝リピドーシス(猫)
  • 肝腫瘍
    👉血管肉腫
    👉肝細胞癌
    👉リンパ腫
    👉転移性癌  など

肝臓以外の病気の場合

  • 胆嚢の病気
    👉胆管腫瘍
    👉胆嚢炎
    👉胆石症
    👉胆嚢粘液嚢腫
  • 糖尿病
  • 副腎皮質機能亢進症
  • 膵臓の病気
    👉膵炎
    👉膵臓腫瘍
  • 敗血症    など

薬による影響

  • グルココルチコイド
  • NSAID
  • ケトコナゾール   など

アーチファクト

  • 脂肪血症  など

アーチファクトとは検査などにおける〝偽の所見〟です。

犬の胆嚢粘液嚢腫 まとめ犬の胆嚢粘液嚢腫について動物病院の獣医師が解説しています。犬の胆嚢粘液嚢腫とは?、犬の胆嚢粘液嚢腫の原因、症状、診断(検査)、治療、治療の見通し(予後)について。...
猫の肝リピドーシス
猫の肝リピドーシス まとめ猫の肝リピドーシスについて動物病院の獣医師が解説しています。猫の肝リピドーシスとは?猫の肝リピドーシスの原因、症状、診断(検査)、治療、治療の見通し(予後)について。...