まとめ

多飲多尿 大きな病気のサインかもしれません

『最近、お水をたくさん飲む』
『おしっこの量(回数)が多くなった』
などあれば、病気のサインかもしれません。

犬猫の多飲多尿とは?

多飲〟とは1日に100ml×体重(kg)以上のお水を飲む状態です。
(体重10kgの子の場合には1日で1000ml以上のお水を飲む状態)

 

多尿〟とは1日に50ml×体重(kg)以上のオシッコをする状態です。
(体重10kgの子の場合には1日で500ml以上のオシッコをする状態)

自宅でオシッコの量を測ることは難しいので・・・

1日に110ml×体重(kg)以上のお水を飲む状態を〝多飲多尿〟と考えます。
(体重10kgの子の場合には1日に1100ml以上のお水を飲む状態)


多飲多尿を引き起こす代表的な病気

  • 糖尿病(犬の糖尿病/猫の糖尿病)
  • 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
  • 腎不全などの腎疾患
    (犬の慢性腎不全/猫の慢性腎不全)
  • 甲状腺機能亢進症
  • 子宮蓄膿症
  • 肝不全
  • 高カルシウム血症
    👉犬のリンパ腫/猫のリンパ腫
  • 尿崩症(中枢性、腎性)
  • 心因性多飲

自宅で1日の飲水量を測るには、ペットボトルなどにあらかじめ多めの水を入れておき、そこからお皿に水を注ぎ足してあげることで、1日の最後に大体どれくらいの水を飲んだか測ることができます。

〝多飲多尿〟には重大な病気が隠れていることが少なくありません。
病気のサインを知っておくことで、病気の早期発見に繋がります。

飲水量には個体差があります。

計算上〝多飲多尿〟にあてはまらなくても、普段と比べて明らかに飲水量が増えた場合にも注意が必要です。

犬のクッシング症候群 まとめ犬のクッシング症候群についてブログで解説しています。クッシング症候群の症状や検査、薬、食事、寿命などについて説明します。...
猫 糖尿病
猫の糖尿病 まとめ猫の糖尿病について動物病院の獣医師が解説しています。猫の糖尿病の原因、症状、治療、治療の見通し(予後)について。...
犬 糖尿病
犬の糖尿病 まとめ犬の糖尿病について獣医師が解説。犬の糖尿病の原因、症状、診断、治療(インスリン)、予後について。...