まとめ

犬猫の血液検査 Glob(グロブリン)

犬猫 血液検査 GLOB

]血液検査でグロブリンが高いと言われました。

グロブリンは血液(血漿)中の蛋白質の1つです。
グロブリンの異常がある時に疑われる病気をメモしておきます。

犬と猫のGlob(グロブリン)とは?

血漿中に含まれる蛋白質の1つです。

『TP(総蛋白)−ALB(アルブミン)』
の計算式で算出します。

α(アルファ)-グロブリン
β(ベータ)-グロブリン
γ(ガンマ)-グロブリン
の3つに分けられます。

特に免疫機能に関わるγ-グロブリンのことを『免疫グロブリン』と呼びます。

さらに免疫グロブリンはIgG,IgA,IgM,IgD,IgEに分けられ、それぞれ免疫に関わる働きをしています。よく耳にする『抗体検査』はこの免疫グロブリンを測定しています。

犬と猫のGlob(グロブリン)の正常値は?

  • 犬の正常値:2〜4g/dl
  • 猫の正常値:2〜5g/dl

犬と猫のGlob(グロブリン)が増加する場合は?

  1. 感染性疾患
    👉猫伝染性腹膜炎(FIP) など
  2. 免疫介在性疾患/炎症性
    👉急性炎症
    👉免疫介在性溶血性貧血(IMHA)
    👉免疫介在性血小板症(IMTP) など
  3. 腫瘍
    👉リンパ腫
    👉多発性骨髄腫 など

犬と猫のGlob(グロブリン)が減少する場合は?

  1. 外部出血
    👉凝固障害
    👉胃腸管腫瘍
    👉胃腸管潰瘍
    👉外傷
  2. 肝機能障害
  3. 新生子
  4. 蛋白漏出性腸症 など
  1. Alex Gough Differential Diagnosis In Small Animal Medicine
  2. CAP セミナーシリーズ
    勤務獣医師のための臨床テクニック