まとめ

犬猫の血液検査 ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)

うちのこ、血液検査でALTが高いといわれました。
肝臓が悪いと言ってたような・・・

ざっくり言うと、ALTは肝臓の数値です。
ただし、その他にもALTの数値に影響してくる病気や体の状態があります。

ALTの正常値は?

犬:<100U/L
猫:<80U/L

動物病院で使っている血液検査の機械によって、多少の数値の違いがあります。

ALTが高くなる場合は?

肝臓の病気

  • 胆管肝炎
  • 胆管炎
  • 慢性肝炎
  • 猫伝染性腹膜炎
  • 腫瘍
    👉肝細胞癌
    👉リンパ腫
    👉肝転移を起こした腫瘍
  • 外傷  など

肝臓以外の病気

  • 副腎皮質機能亢進症
  • 甲状腺機能亢進症(猫)
  • 炎症疾患(膵炎など) など

薬の影響

  • グルココルチコイド
  • NSAID(非ステロイド系抗炎症薬)
  • ケトコナゾール
  • ジアゼパム  など

アーチファクト

アーチファクトとは、検査における〝偽の所見〟です。
エラーみたいなものです。

  • 溶血
  • 高脂血症

ALTが低くなる場合は?

  • 慢性肝疾患
  • 栄養欠乏
    👉ビタミンB
    👉亜鉛
犬のクッシング症候群 まとめ犬のクッシング症候群についてブログで解説しています。クッシング症候群の症状や検査、薬、食事、寿命などについて説明します。...
猫 甲状腺機能亢進症
猫の甲状腺機能亢進症 まとめ猫の甲状腺機能亢進症について獣医師が解説。猫の甲状腺機能亢進症とは、猫の甲状腺機能亢進症の発症、原因、症状、診断、治療、治療のみとおしについて。...