まとめ

犬の血液検査 CRP(C反応性タンパク)

犬の血液検査

うちの犬、血液検査でCRPが高いといわれました。
体の中で炎症を起こしていると聞いたけど・・・

はい、CRPは犬の炎症マーカーです。
CRPが高いと体のどこかで炎症を起こしている可能性があります。
他の検査と合わせて炎症を起こしている場所や原因を調べていきます。

犬の血液検査 CRP(C反応性タンパク)とは?

CRP(C反応性タンパク)とは、体の中で炎症を起こした時に現れる急性相反応物質です。

急性相反応物質とは、体内で炎症が起こった時に、急激に血液中に増加するタンパク質の総称です。12時間以内に急激に増加するといわれています。

色々な病気で上がってくる数値なので、これだけでは病気の確定は出来ませんが、『体の中で何か異常がないか?』とチェックする時に有用な検査項目です。

また、CRPの数値で重症度や治療がうまくいっているかのチェックが出来ます。

猫の炎症マーカーはSAA(血清アミロイドA)です。

犬の血液検査 CRP(C反応性タンパク)の正常値は?

  • 犬:<1mg/dl

動物病院で使っている血液検査の機械によって、若干の数値のばらつきがあります。

犬の血液検査 CRP(C反応性タンパク)が増加する場合は?

  • 炎症
  • 腫瘍
  • 出産
  • 組織外傷

  1. Alex Gough Differential Diagnosis In Small Animal Medicine
  2. シンプル生理学