まとめ

犬猫の大腸炎 まとめ

うちのこ、大腸炎といわれました。
昨日から下痢を何回もしています。
血便も混ざっていました。

・少量の下痢を何回もする
・ウンチの周りにゼリー状のものが付いている
・真っ赤な血便をしている

などの症状は大腸炎のサインの1つです

犬猫の大腸炎の原因は?

  • ストレス
    👉環境の変化、季節の変わり目など
    👉『ドックランにでかけた』『ペットホテルに泊まった』
    👉『家に知人が遊びに来た』『家に他の犬猫が遊びに来た』など
  • 感染症
    👉ウイルス
    👉細菌
    👉寄生虫
  • 食事
  • 他の病気に続発するもの
    👉炎症性腸疾患
    👉薬の副作用
    👉代謝性疾患
    👉内分泌疾患
    👉ポリープ
    👉腫瘍  など

犬猫の大腸炎の症状は?

  • 少量頻回便
  • 粘液便
  • 血便
  • しぶり
  • 嘔吐
    👉大腸炎の犬の約30%
犬と猫の血便  犬猫の血便について獣医師が解説しています。犬猫それぞれの血便の原因など。...

大腸炎の診断は?

  • 病歴から推測
    👉食事の変化や環境の変化など
  • 糞便検査
  • 直腸検査
  • 血液検査
  • レントゲン検査
  • エコー検査
  • 内視鏡検査

犬猫の大腸炎の治療は?

それぞれの原因に合わせた治療を行います。

ストレスや食事の変化が原因のことが多く、普段通りの生活に戻ると自然に治ることもよくあります。

  • 食事治療
    👉低脂肪食
    👉高繊維食
  • 駆虫薬
  • 抗菌薬
  • 下痢止めの薬
  • 抗炎症薬
  • 原因となる病気の治療

犬猫の大腸炎の治療のみとおしは?

ほとんどが飲み薬や食事の変更で良くなります。

 

ただし、原因となる病気が他にある場合には、治療が複雑になる場合もあります。