まとめ

犬の前立腺肥大(過形成) まとめ

前立腺肥大とは?

前立腺肥大は前立腺過形成による〝良性〟の腫大であり、犬で最もよく認められる前立腺の病気です。

精巣から分泌される雄性ホルモン(アンドロジェン)と雌性ホルモン(エストロジェン)のバランスが崩れることにより発症します。

雄性ホルモンを多く分泌する未去勢の雄犬で発生率が高く、4〜5歳の未去勢犬の約50%、9歳以上の未去勢犬のほとんどに認めれらます。

前立腺肥大の原因は?

  • 性ホルモンバランス異常
    👉アンドロジェン エストロジェン プロラクチン 成長ホルモン など

前立腺肥大の症状は?

  • 初期には無症状
    👉健康診断や他の病気の検査で偶然見つけることが多い
  • 排便障害
    👉便をしたいのに便が出ない、少量頻回の排便
  • 排尿障害
    👉尿が出ない、少量頻回の排尿

前立腺肥大の検査は?

  • 腹部触診
  • 直腸検査
  • レントゲン検査
  • 超音波検査
  • 細胞診
    👉前立腺炎や前立腺腫瘍などとの鑑別
レントゲン検査:前立腺肥大
犬 前立腺肥大
エコー検査:前立腺肥大

前立腺肥大の治療は?

  • 無症状の場合には治療は必要ない
  • 去勢手術(一般的)
    👉完治を見込める
    👉2〜3週間で症状の改善。約12週までに完全に小さくなる
  • 内科治療
    👉抗アンドロジェン薬
    👉休薬すると再発する

治療のみとおしは?

  • 基本的には手術を考える
    👉去勢手術をした場合には完治する
  • 内科治療(お薬)でも去勢手術と同様の効果が得られることもあるが、副作用の心配や休薬後に再発してしまうリスクがある。
  • 去勢手術を行うことで、精巣腫瘍、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫などの疾患も同時に予防できる。