まとめ

犬の血液型 まとめ

犬 血液型

犬にも血液型があるの?

はい、犬にも血液型があります。
ただし、犬の血液型はヒトとは違って少し複雑です。
輸血の時にはドナーの血液型が重要になります。

犬の血液型

犬の血液型はDEA式(Dog Erythrocyte Antigen)で表されます。

これは赤血球抗原による分類です。

現在広く認知されているDEAは8種類あります。
(現在も研究が進められて少しずつ種類が増えています)

  • DEA1.1
  • DEA1.2
  • DEA3
  • DEA4
  • DEA5
  • DEA6
  • DEA7
  • DEA8

それぞれのDEA(犬赤血球抗原)を持っているか持っていないかがその子の血液型となります。

例えば、コロ君は
『DEA1.1(+)・DEA1.2(−)・DEA3(+)・・・・・・・・』
という血液型の表記となります。

ヒトのABO式(A型、B型、AB型、O型)と比べて非常に複雑です。

重要なのは『DEA1.1』

輸血で重要となるのは『DEA1.1』です。
『DEA1.1』が最も強い抗原抗体反応を起こすからです。

つまり、DEA1.1の組み合わせが悪いと輸血の副作用が強く出てしまいます。

動物病院でもDEA1.1判定のみを行うことがほとんどです。

DEA1.1の輸血の組み合わせ
       血液をあげる犬
        (供血犬)
 DEA1.1(+)  DEA1.1(ー)

血液をもらう犬
  (受血犬)

  DEA1.1(+)     ⭕️     ⭕️
  DEA1.1(ー)     ✖️     ⭕️
  • DEA1.1(−)の犬は誰にでも供血できる
  • DEA1.1(−)の犬はDEA1.1(−)の犬からしか血液をもらえない

血液をもらう犬がDEA1.1(−)の場合には、輸血の確保に苦労することがあります。
日本ではDEA1.1(+)の血液型が多いからです。

DEA1.1以外のDEA型の組み合わせでも輸血の副作用を引き起こす場合があります。

そのため、DEA1.1の組み合わせを確認したあとにクロスマッチ試験(適合試験)をして、本当に輸血をしていいか確認します。

犬猫 輸血
犬猫の輸血 まとめ犬猫の輸血について動物病院の獣医師が解説しています。犬猫の輸血とは、輸血の適応、方法(血液型、交差適合試験)、リスク(副反応)などについて解説。...
猫 血液型
猫の血液型 まとめ猫の血液型について獣医が解説します。 猫の血液型、ぞれぞれの血液型の割合、血液型の適合について解説。...